ウィルス

 

MMSの処理の仕方は、それぞれの疾患によって違ってきます。

一般的なプロトコルは殆どの場合有効ですが、幾つかのウィルスに対しては違ってきます。

その大きさや要因によって、ウィルスは非常に速い時間で再増殖することが出来ます。

どのようにMMSはインフルエンザウィルスに対して働くのでしょうか?

ドクターノリオ・オガタとドクタータカシ・シバタが行った研究によると、

ヘマグルチニンとノイラミニダーゼを変性させることがわかりました。

タンパク質の構造や核酸が、本来の構造を失います。

例えば卵を焼いた時に、透明だった卵が白くなるのと同じ過程です。

ヘマグルチニンは、インフルエンザウイルスの表面上に見られる抗原性糖タンパク質で、

このヘマグルチニンによって、ウィルスは細胞に感染します。

ノイラミニダーゼは、インフルエンザウイルスのカプシド中に存在する酵素で、

(カプシドとはウイルスゲノムを取り囲むタンパク質の殻のこと)

主な機能はヘマグルチニンとケイ酸の分子を切断することです。

 

 

HAとケイ酸がウィルスが標的赤血球に入り込むのを許してしまいますが、

ありがたいことにNAは分子結合を壊し、ウィルスを細胞から引き離し複製し、

引き離されたウィルスは、ケイ酸に取り囲まれます。

NAはこれらの酸をウィルスの表面から取り除くのを手助けします。

 

----------------------------------------------------------------

 

どのようにMMSはウィルスに対して働くのでしょうか?

 

MMSラテンアメリカ

 

------------------------------------------------------------

 

 

途中

 


 

更新履歴