CDSとは?

MMSに加え、CDSと呼ばれているものもあります。

CDSは二酸化塩素溶液です。

MMSは二酸化塩素を発生させる為に、亜塩素酸ナトリウムと酸類のものを混ぜ合わせ活性化させていましたが、CDSはその必要がありません。

二酸化塩素の化学式はClO2で、この式は一つの二酸化塩素分子の中に、一つの塩素Cl原子と2個の酸素O2の原子があることを表しています。この3個の原子は、二酸化塩素の分子を形成します。このガスを蒸留水に吸収させたものがCDSと呼ばれるものです。飲んだり直接肌に使ったりもできます。

推奨  3000 ppm(parts per million) 二酸化塩素飽和溶液   1ppm=1mg/L

他の箇所にも何度も書いていますが、二酸化塩素は細菌や真菌、ウィルスやバイオフィルム、その他の病気の原因となる微生物を殺すことができる、もっとも効果的なもので、免疫システムが攻撃することのできない病原体を殺すのを助けます。

CDSやMMSはまた、健康な細胞内のミトコンドリアを活性化させることに加え、がん細胞のアポトーシスを促します。

CDSを使う利点

・酸と活性化させる必要がない

アシドーシスのような酸の過剰摂取がない

・純粋な生成物が得られる

・すぐに使うことができる

・MMS1と比べ90%も臭い(味)が軽減され飲みやすい(と言われていますが、敏感な人は気になります)

 

3滴のCDSは活性化させた1滴のMMSと同じです

(or  1ml of 3000ppm CDS = 3 drops of MMS およそ25ppm )

新しいニュースレターにありますが、活性化されたMMSとCDSが必ずしも=でないということがわかりました

 

参考

3 ml CDS 1000 ppm = 3 MMS drops 

1 ml CDS 3000 ppm = 3 MMS drops 

0.5 ml CDS 6000 ppm = 3 MMS drops 

 

基本は3.000 ppm で、 6.000ppmでも12.000ppmでもありません

MMSニュースレターに書いてありましたが、

Strong CDS such as 6,000 ppm and up can be explosive.

It is not necessary to have CDS any stronger than 3,000 ppm。

6.000pmmまでいくと、むしろ爆発の危険性があるようです。3,000ppm以上のCDSは必要ないとのことです。

 

個人的意見ですが、きっちり3.000ppmを作るのは難しいですが、公開されている量で作れば、まあまあ近いものが作れます。MMS1で事足りているのでうちでは使うことは滅多にありませんが、もしもご自分で自宅で作られて不安であれば、二酸化塩素のtest stripで確かめてみて下さい。日本で売られているのは詳しくありませんが、ここでは0-500ppmの二酸化塩素用のstripで確かめています。その場合の確かめ方ですが、

60mlの蒸留水に1mlのCDSを入れ、そこにstripを2秒間浸け10秒待ちます。そしてその色をケースに表示されている色と比べます。そしてその色に一番近い数値に60をかけます。もしもその色が50にマッチしていたら、CDSは3.000ppmということになります。

 

 

ガラスボトルの中にコップを入れたり、チューブで送ったりとやり方はいろいろありますが、下記の写真のようなやり方もあります。長い時間待つことなく、すぐに作れます。写真を撮るために置いた状態で撮り、MMSとクエン酸の量も適当なので色が濃すぎますが、後日きちんとした分量で作り直した写真をアップし直します。

 

片手でペットボトルを逆さに向けて持ち、キャップを閉めたままキャップに下から注射針をペットボトルの水の中に刺して、ガスを注射器で送り出します。数分で出来上がります。特別に用意するものは注射器だけなので、手軽に作れます。

 

※日本では注射器を個人で自由に買えないようなので、当オンラインショッピングでも過去に注射器の販売をしておりましたが、税関で止められる場合もあるとのことで、現在は販売をしておりません。それを承知で欲しい方はお送りします(実費を頂ければ幸いです)。問い合わせから連絡を下さい。

 


 

更新履歴